PageTop

おおきに財団

  1. ホーム
  2. おおきに財団
  3. クラウドファンディングのご報告

クラウドファンディングのご報告

御  礼

このたびは、「京都の花街文化を未来へ!日本の伝統美を継承する芸妓・舞妓をみんなで応援。京都五花街・芸妓・舞妓支援プロジェクト」の趣旨にご賛同賜りましたことを心より御礼申し上げます。

おかげさまで、のべ606名の方から合計13,790,000円のご支援をいただき、目標額の1,000万円を達成することが出来ました。多くの方々がコロナ感染症の影響を受け、大変厳しい状況の中にあるにも関わりませず、これだけ多くのご支援をいただけたことは、当財団はもとより、花街にとりましても誠にうれしい限りでございます。

皆様方から賜りました善意は、京都五花街の伝統文化や伝統伎芸を未来に残すための花街への支援金として有効に活用させていただく所存でございますので、引き続き、五花街並びに当財団にご支援賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

令和2年10月吉日
公益財団法人京都伝統伎芸振興財団

10万円以上のご支援をいただいた方々(ご芳名の公開をご了承いただいた方のみ)

  • 京風きつけ教室
  • 松本 隆
  • ぎおん中ら木
  • 北村 仁志
  • 山地 敏之
  • 大槻ポンプ工業株式会社
  • 田中 圭子
  • 野口 慧
  • 小湊 繁郎
  • 学校法人大和学園
  • 尾松 直記
  • 細辻 伊兵衛
  • 株式会社緑寿庵清水
  • 医療法人 速水矯正歯科
  • 山代印刷株式会社
  • 麺屋棣鄂
  • 稲村 明子
  • 株式会社グランマーブル
  • 割烹 吉膳
  • 芳賀 一彦
  • 秋山 直樹
  • 落合 重友
  • 白井田 英稔
  • 白竹堂
  • 鍵善良房
  • Bar Le Peu (ル・プー)

(敬称略・順不同)

クラウドファンディング支援者及び寄附者の皆様へ

クラウドファンディングの支援金
及び
寄附金の使途について

当財団では新型コロナウイルス感染症の影響により五花街が窮地に立たされたことから広く支援金を集めるため、クラウドファンディング及び寄附金の募集を7月から開始したところ、延べ600人以上の方からの温かい支援を得て、合計17,660,000円の善意が集まりました。改めて厚く御礼申し上げます。

皆様方からいただきました善意をどのように活用するか模索しておりましたところ、12月中旬より、各花街において、新型コロナウイルス感染症の感染が広まる事態となりました。祇園甲部においては、すべてのお茶屋が12月末まで営業を休業し、芸妓舞妓にとってお稽古の場となる学校も閉鎖となり、また、他の花街でも感染者が出たお茶屋は祇園甲部同様に、12月末まで営業を休業しました。

このまま花街の中で、新型コロナウイルスの感染拡大が続くと、お茶屋営業の衰退のみならず、芸妓舞妓にとっても伝統伎芸を研鑽する場や披露する場が次々と失われ、400年余りに渡り伝統が受け継がれてきた花街の文化そのものの灯が消えかねない事態となります。

そのため、現在、各花街ではこれ以上の感染拡大を防ぐために、PCR検査など感染予防対策を自費で講じており、今後も定期的な検査や新たな感染予防対策が必要となってきます。

当財団といたしましても、このような事態を危惧し、京都の『宝』である花街の文化を保存継承してくためにも、各花街が行っている感染拡大防止に向けた取組を支援してまいりたいと考えております。

つきましては、クラウドファンディングや寄附でいただきました善意を、各花街で感染予防に講じられた費用や今後、感染予防対策として必要となってくる費用に充当できるよう、各花街均等に配分し、活用させていただきますので、何卒、ご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

令和3年1月
公益財団法人京都伝統伎芸振興財団

©公益財団法人京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)