おおきに財団とは

おおきに財団は、京都・花街が誇る伝統伎芸をより多くの人に知ってもらい、保存・継承するために、五花街合同公演をはじめ様々な事業を行っています。一人でも多くの皆様に花街の空気を肌で感じていただき、歴史ある京都の伝統文化を守り続けたいと願っています。

〜京の初夏を彩る風物詩〜

京都五花街合同公演「都の賑い」

毎年6月に、京都の五花街(祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒、祇園東)の芸舞妓総勢約100名が一堂に会し舞を披露する、贅沢で見応えのある公演。それぞれの流派の舞を楽しめるだけでなく、五花街の舞妓20名による「舞妓の賑い」も。その華やかさには、思わずため息が出ます。

〜ダイジェストで楽しむ伝統芸能〜

弥栄会館ギオンコーナー

約1時間の舞台に、舞妓の京舞をはじめ、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲、文楽と7つの伝統芸能をぎゅっと凝縮。気軽に伝統芸能の世界に浸れるのがギオンコーナーです。場所は祇園甲部歌舞練場の隣りに位置する弥栄会館で、舞妓の花かんざしや髪形などの小物を展示したギャラリーも併設しています。日本人が大切に伝えてきた伝統芸能の世界をごゆっくりお楽しみ下さい。

 

おおきに財団の事業

五花街合同公演

ギオンコーナー

五花街の夕べ

祇園小唄祭

助成事業

友の会

芸舞妓派遣

舞妓応募

舞妓応募

役員名簿・事業計画・定款

都の賑い

八花絢爛

ギオンコーナー

おおきに財団 財団法人京都伝統伎芸振興財団